[PR]

 鈴木君は少し凹(へこ)んだ気味で

 「そんな事もなかろう」と術(じゅつ)なげに答える。先っきまで迷亭の悪口(あっこう)を随分ついた揚句ここでむやみな事をいうと、主人のような無法者はどんな事を素(す)っ破(ぱ)抜(ぬ)くか知れない。なるべくここは好加減(いいかげん)に迷亭の鋭鋒をあしらって無事に切り抜けるのが上分別なのである。鈴木君は利口者である。入らざる抵抗は避けらるるだけ避けるのが当世で、無要の口論は封建時代の遺物と心得ている。人生の目的は口舌(こうぜつ)ではない実行にある。自己の思い通りに着々事件が進捗(しんちょく)すれば、それで人生の目的は達せられたのである。苦労と心配と争論とがなくて事件が進捗すれば人生の目的は極楽流に達せられるのである。鈴木君は卒業後この極楽主義によって成功し、この極楽主義によって金時計をぶら下げ、この極楽主義で金田夫婦の依頼をうけ、同じくこの極楽主義でまんまと首尾よく苦沙弥君を説き落して当該事件が十中八、九まで成就したところへ、迷亭なる常規を以て律すべからざる、普通の人間以外の心理作用を有するかと怪(あやし)まるる風来坊が飛び込んで来たので少々その突然なるに面喰(めんくら)っているところである。極楽主義を発明したものは明治の紳士で、極楽主義を実行するものは鈴木藤十郎君で、今この極楽主義で困却しつつあるものもまた鈴木藤十郎君である。

 「君は何にも知らんからそうで…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも