[PR]

 特急列車の行き先はラーメン屋!? 福島県のJR会津若松駅で今月、電光掲示板に「喜多方ラーメン」と誤表示された。珍しいミスだが、思わぬ余波も。駅の掲示板の意外な使われ方とは?

 国鉄時代につくられた特急車両485系が「特急あいづ」として最終運行した6月18日。午後3時25分に会津若松駅を出発する列車を見送るため、「さよなら485系」と表示する予定だった。ところが、12年前の特別列車「喜多方ラーメンフェスタ号」の際に用意したデータの一部が送信されてしまった。駅員が駅舎内の端末で電光掲示板に流す文章を前日に打ち込んだが、正しく表示されるかどうかの確認を怠っていたという。

 「店に直行してくれるってこと?」「喜多方ラーメン食べたくなった」「おちゃめな出来事大歓迎」

 乗客らが写真をネットにアップすると、ツイッターでは好意的な反応が相次いだ。朝日新聞が分析ツールで調べると、18、19日の2日間で、18日に選抜総選挙があった「AKB」関連の約18万回ツイートに対し、「喜多方ラーメン」は約6万回つぶやかれていた。

 それにしても、なぜ、ここまで騒ぎになったのか。

 慶応義塾大学の今井芳昭教授(…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら