[PR]

 米大統領選で民主党の指名獲得を確実にしたクリントン前国務長官(68)は21日、経済政策について演説し、現行の環太平洋経済連携協定(TPP)に反対し、関係国と再交渉する考えを示した。同氏がTPP再交渉を明言したのは初めて。共和党のトランプ氏(70)の主張については、不況を招くとし、「米国経済にとって危険だ」と批判した。

 クリントン氏はオハイオ州で演説し、「米国は世界経済で競争し、勝利する」と述べたうえで「私は貿易については厳しい姿勢で臨む」と強調した。

 特にTPPについては、「賃金引き上げや高賃金の雇用創出のための私の基準を満たしていない」とし、「TPPのような、米国民のためにならない貿易協定は再交渉すべきだ」と述べた。

 クリントン氏はこれまでもTP…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも