[PR]

 東京・歌舞伎町の飲食店街「新宿ゴールデン街」で4月に発生した火災で、警視庁は22日、住所不定の無職春名弘容疑者(66)=建造物侵入罪で起訴=を現住建造物等放火容疑で追送検し、発表した。容疑を認め、「えらいことをしてしまった。被害者に謝罪の言葉が見つからない」と話しているという。

 捜査1課によると、春名容疑者は4月12日午後1時20分ごろ、東京都新宿区歌舞伎町1丁目の木造2階建て建物2階の空き店舗内に火をつけた疑いがある。空き店舗に盗み目的で侵入したとして翌13日に逮捕、その後起訴されていた。

 空き店舗は当時、改装工事の準備中で、火の気がなかったことから同課が春名容疑者の関与を特定した。この火災で飲食店など十数店舗が入る3棟計約380平方メートルが燃えた。