[PR]

ハイ(もう)年ですからノ。年に不足はないガです

伊豆の村人

 詩人が、老いて床に臥(ふ)しがちな遠縁の農夫を見舞うと、跡取り息子が、障子越しにつつぬけになるのを知りつつ、十分すぎるほど生きたと言う。しばらくして農夫が顔を見せ、自分用に採った蜂蜜の瓶を、持って帰…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

関連ニュース