[PR]

 広島県東広島市の山陽自動車道「八本松トンネル」で10人が死傷した多重事故で、広島県警は23日午前、自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致死傷)罪で公判中のトラック運転手、皆見成導(なりみち)被告(33)に過労運転を強いていたとする道路交通法違反(過労運転の下命)の疑いで、勤務先の家宅捜索を始めた。

 捜査関係者によると、捜索を受けているのは運送会社「ゴーイチマルエキスライン」(埼玉県川口市)とその事業所や、関連のある運送会社など計4カ所。午前8時ごろ、県警の捜査員20人余りが捜索に入った。

 県警はすでに皆見被告に関する運転日誌などは押収しているが、今回はほかの運転手の勤務日報や配車計画書などの資料を押収し、立件の可否を検討するとみられる。

 皆見被告をめぐっては、今月7日の初公判で検察側が「慢性的な寝不足状態にあり、会社を出ると数日間帰宅しないことが多かった」などと指摘しているほか、事故前に過労で正常な運転ができないのに運転をしたとして、道交法違反(過労運転)罪でも追起訴されている。