[PR]

お笑い芸人 田中卓志さん

 もともとは、喫茶店に行くような人間じゃなかったんです。地元は広島の田舎で、家で麦茶を飲むぐらい。東京に出てきて芸人になり、ネタを書くために行くようになった。最初はお金もなくて、1杯でずっと粘ってました。

 ネタはいまも、カフェで書きます。みんな仕事をしていて、だれも話しかけてこない、おじさんしかいないような店がいい。家ではダメで、そんなカフェでないとネタが書き進まないところはあります。あと、長居をしても、何も言わない店が好きですね。

 カフェといえばコーヒーという人は多いと思いますし、僕もコーヒーは飲みますけど、実は、紅茶が好きなんです。気品、高いでしょう?

 たとえばニルギリという茶葉は、香りはもちろん、深いオレンジの水色(すいしょく)も楽しめる。夏場は、スイカなどを入れてデザート感覚にアレンジしたアイスティーもいいですね。本格的な専門店にもよく行きます。でも、こだわりすぎると逆にストレスになるから「絶対に紅茶」というわけでもありません。

 紅茶に関心を持ったのは、まだテレビに出る前の20代前半のころ。お母さんが電話してきて、「あんたが小学校の時に好きだった子が、お茶を勉強して地元でカフェを開いたよ」と。それで「テレビに出たら会えるかもしれない。俺は紅茶を勉強しよう」と考えて、本を買って独学を始めました。

 実際、3年後ぐらいにテレビ番組で告白しようとしたんですけど、会ってもくれずに手紙でフラれて……。で、紅茶だけ残った。情けない始まりだったけれど、高じて趣味になりました。

 ふだんは、家で自分でいれます…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも