[PR]

 熊本県高野連は23日、7月10日に開幕する全国高校野球選手権熊本大会について、決勝までの全62試合の入場を無料にすると発表した。熊本地震からの復興に向け、高校野球で被災地を元気づけるとともに、球場でより多くの声援を選手に送ってもらう狙いがあるという。

 熊本大会は藤崎台、県営八代、山鹿市民の3球場で実施。例年、大人500円、中高生200円の入場料が今年は無料になる。

 最大震度7の揺れが襲った熊本地震後、県内の多くのチームが数週間から1カ月ほど練習ができない状態が続いた。公式戦も相次いで中止になり、今も避難先から通学する部員もいる。

 県高野連の工木(くぎ)雄太郎理事長は「復興に向けて尽力している県民のみなさんに少しでも足を運んでもらい、はつらつとした球児の元気なプレーを見てもらいたい」と話した。