[PR]

 24日の東京外国為替市場で英通貨ポンドが一時、1ポンド=1・34ドル台後半となり、1985年9月以来の約30年ぶりのポンド安水準となった。離脱派の優勢が続き、ポンドを手放してドルを買う動きが加速している。