[PR]

 旅行大手JTBの顧客情報が不正アクセスされた問題で、JTBは24日、「不審なメールマガジンが来た」など情報の悪用が疑われる相談が約100件あると明らかにした。JTBは、同社から流出した情報だと確認できれば補償する方針だ。

 流出の可能性があるのは、「JTBホームページ」「るるぶトラベル」など旅行予約サイトの顧客情報で、氏名、電子メールアドレス、住所、パスポート番号など。JTBはこの日、観光庁から要請されていた追加調査の結果を発表した。対象の顧客は最大約793万人としていたが、重複を除いた結果、「約679万人」に修正。ほぼ全員におわびのメールを送り済みだという。

 流出情報の悪用が疑われる相談は、問い合わせ窓口の専用フリーダイヤル(0120・589・272、午前9時~午後8時半)に寄せられている。