[PR]

 明治40(1907)年5月18日、漱石は本郷区(現文京区)西片町に住む大塚保治・楠緒子(くすおこ)邸で開かれた、独仏留学の途につく美学専攻の深田康算(やすかず)の送別会に招待された。大塚は漱石の親友で、その妻・楠緒子はのち漱石から小説の指導を受ける。漱石を「猫の君」と呼び、その日の記録を残した橘糸重子(いとえこ)も同席した。糸重子はピアニストで東京音楽学校(東京芸術大学の一前身)教授。「心の花」同人で楠緒子と親しかった。楠緒子は「山の芋をほんとにお盗(と)られになったのですか」と切り出し、一時泥棒事件が話題になる。席上、漱石は山の芋の話をフィクションであると語っている。彼女はすでに「猫」のパロディー「犬である」という短編を発表していた。

 「きくならく此頃(このごろ)都下に吾輩は猫であると題を置いて一疋(いっぴき)の猫が切(しき)りに気焰(きえん)を吐いてゐるといふが、……ずつと見識ばかり高い藤原氏の猫の血族が文明化したのではあるまいか、僕、僕は猫ではない犬である、……僕には彼(か)の猫の如き意見も無ければ気焰もない」(「婦人画報」38年8月号)

 楠緒子は、言葉を十分に解さず…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも