[PR]

 幼少時代を丸亀市で過ごした大相撲佐渡ケ嶽部屋の琴勇輝(25)を支援する後援会丸亀支部(支部長=梶正治市長)が24日、発足した。同日、市内のホテルで琴勇輝を囲んでの激励会があり、市民ら約200人が参加した。

 会場では琴勇輝が通った丸亀高校付属幼稚園(当時)や市立垂水小学校時代の写真がスライドで紹介された。琴勇輝は「丸亀は相撲に出会った原点。大関、横綱の綱を締めてふるさとに帰ってきたい」と決意を述べた。

 小豆島出身の琴勇輝は26日、土庄町で開かれる「わんぱく相撲小豆島場所」にゲストとして参加予定。