[PR]

 中国主導で設立されたアジアインフラ投資銀行(AIIB)は25日、北京で初の年次総会を開いた。開幕式で金立群総裁は新たに加盟を希望する国が24カ国にのぼることを明らかにした。すべてが加われば、現在の57カ国と合わせて81カ国となり、先行するアジア開発銀行(ADB)の67カ国・地域を大きく上回る。

 総会では第1陣の融資として4カ国に計約5・1億ドル(約520億円)を融資することが報告された。

 金総裁は新規加盟について、「来年の早い段階で実現したい」と発言。総会後の記者会見では、加盟希望の24カ国には、欧州や中南米などの国が含まれるとした。加盟申請は9月末まで受け付け、参加を見送っている日米などにも呼びかける方針だ。

 AIIBは、加盟国の出資額に…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら