[PR]

 25日正午ごろ山形県金山町有屋の農業、三上マサ子さん(77)方の民家にクマが出た、と新庄署に通報があった。新庄署などによると、土間で保管していた漬物のたるやかめが荒らされていたという。三上さんはガラス越しに「土間で黒くて大きな影を見た」と証言。土間の外壁には、クマが残したとみられる足跡があった。クマが三上さん宅に入り込んだとみて、地元の猟友会がわなを仕掛けるなどの対策をとった。

 三上さんによると、土間にはみそ漬けや奈良漬けのたるやかめを保管していた。においがこもるため、普段は土間の窓と勝手口は開けっ放しだったという。

 24日深夜に物音があり、翌朝に確認すると、土間にあった漬物のかめがいくつか割れ、たるも中身が散乱していたという。「タヌキの仕業」と考えた三上さんは、勝手口を施錠した。

 25日昼ごろに再び物音がしたため見に行くと、土間と部屋の間にある引き戸のガラス越しに高さ約130センチほどの影が見えた。引き戸をゆさぶってガタガタと音を出すと、しばらくして窓から出て行ったという。

 現場は神室ダムに近く、民家が…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら