[PR]

 シリアで軍事作戦に従事していたロシア軍機をトルコ軍機が撃墜した昨年11月の事件を巡り、トルコのエルドアン大統領がロシアのプーチン大統領に謝罪の意を伝えた。27日、ロシア大統領府が公表した。経済の落ち込みを受け、対ロ関係の改善に踏み出す意図だ。

 エルドアン氏はプーチン氏に宛てたメッセージで「死亡したパイロットの家族に深い哀悼の意を表したい。謝罪する」と述べた上で、トルコとロシアの伝統的な友好関係を回復するためにあらゆることをする用意があると表明したという。

 また、トルコ大統領府のカルン報道官は27日、エルドアン氏のメッセージについて、事件でトルコ軍に撃墜されたロシア軍機から、パラシュートで脱出した乗員2人のうち、降下中に銃撃されて死亡した1人の遺族に「弔辞を伝え、許しを請うものだ」と説明した。

 ロシアは、これまでトルコ側に…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも