[PR]

 大学から研究費をだまし取ったとして、詐欺罪に問われた東京大政策ビジョン研究センター元教授の秋山昌範被告(58)=懲戒解雇=の判決が28日、東京地裁であった。稗田雅洋裁判長は「研究者への信頼を逆手にとった巧妙な犯行だ」として、懲役3年(求刑懲役5年)を言い渡した。

 判決によると、秋山被告は2010年2月~11年9月、自分の研究に関わる業務をIT企業6社が受注したように装い、東大などから計約2180万円をだまし取った。秋山被告は「研究費は全て研究目的で使った」と無罪を主張したが、判決は受注業者代表の証言などから「受注業者が業務を行っていないことを被告も認識していた」と認めた。