[PR]

 東京電力は28日、福島第一原発構内で停電が起き、汚染水を減らすため1~4号機の建屋の周囲を「氷の壁」で囲う凍土壁を冷却する装置の一部が停止したと発表した。壁の温度は維持しているという。東電が原因を調べている。

 東電によると、28日午前3時40分ごろ、構内で停電が発生。凍土壁を凍結するため稼働していた装置22台のうち、14台が停止したという。残り8台は稼働しており、東電は「既に冷えた壁の温度に影響はない」と説明している。

 このほか停電の影響で、中性子線を監視するモニターも停止。敷地内では信号機の停電も続いているという。(川原千夏子)