[PR]

 日本航空は28日、小松発羽田行きの1便について、男性副操縦士(42)が公務執行妨害の疑いで現行犯逮捕されたため欠航した、と発表した。搭乗を予定していた81人は、後発便などに乗り換えたという。

 同社によると、巽(たつみ)創一副操縦士は27日の乗務後、金沢市内のホテルに宿泊。飲酒した後、一緒にいた男性機長(49)に暴行した。その後、目撃者の通報で駆けつけた警察官を平手で殴り、公務執行妨害容疑で現行犯逮捕されたという。日本航空は「迷惑をかけ深くおわびする」とコメントした。