[PR]

 塩崎恭久厚生労働相は28日の閣議後会見で、株安に伴い、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の運用について「短期的な変動に伴う評価損は当然ありうる」と述べた。GPIFは2014年秋に資産構成割合を見直して株式の比率を高めた。このため野党は「年金が減るんじゃないかと不安になっている」と反発しているが、塩崎氏は「年金運用は長期的な観点から利益を考えてやるものだ」として、短期的な株価の変動は年金に影響しないと説明した。

<アピタル:ニュース・フォーカス・その他>

http://www.asah…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら