[PR]

 AP通信によると、チベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世と米人気歌手レディー・ガガさんが26日、米インディアナポリスでの討論会で意見交換した。これに対し、中国政府は強い不快感を示している。

 APなどによると、2人は人種や性的指向などによる社会の断裂といったテーマで話し合ったという。

 ガガさんは27日、自身のフェイスブックにダライ・ラマと一緒に納まった写真も掲載。コメント欄には、「よくやった」などと称賛する声が多いが、中国系とみられるユーザーから「これで中国に来られなくなった」「ダライ・ラマは『イスラム国』(IS)のテロリストと同じだ」など厳しい批判も殺到している。

 中国外務省の報道官は27日の…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら