[PR]

 公明党の山口那津男代表は28日、BS日テレの番組収録で、自民党の憲法改正草案について「いろいろ課題がある」と述べた。具体的に何が課題かについては「(課題は)たくさんある」と語るにとどめ、踏み込まなかったが、「何一つ(改正発議に)集約していくような方向がまだ見えない。議論を深めていく努力をもっと時間をかけてやるべきだ」と話した。

 9条改正については、「平和安全法制(安全保障法制)で現行憲法の解釈ギリギリのところを決めたので、その可能性をよく見極めることが大事だ」と否定的な見解を示し、「すぐに(政治)課題にのせられるとは思わない。政党だけが勝手に(改正へ)リードしていくのは行き過ぎだ」として、国民的議論が必要だと強調した。