[PR]

 自民党衆院議員の小池百合子元防衛相(63)は29日、都内で記者会見を開き、舛添要一前知事の辞職に伴う東京都知事選(7月14日告示、同31日投開票)に立候補することを表明した。「あたためてきたビジョンが多々ある。首都東京で実現したい」「東京はアベノミクスの牽引(けんいん)役になるべきだ」などと述べ、初の女性都知事を目指す意欲を示した。

 小池氏は会見で「あくまでも自民党議員としてやる。色々な方とこれからも相談する」と強調した。

 自民党は、都知事が2代続けてカネをめぐる問題で途中辞職したことを受け、国会議員ではない候補者を模索。都連内では人気アイドルグループ「嵐」の櫻井翔さんの父親で、行政に精通している前総務事務次官の桜井俊氏(62)の擁立論が強く、立候補を要請する検討に入っていた。都連幹部は、小池氏について「支援するつもりはない」としている。

 小池氏はニュースキャスターを経て1992年の参院選に日本新党から立候補し初当選。93年の衆院選で当選すると新進党に移り、その後、自由党、保守党を経て、2002年に自民党へ。環境相などを歴任し、07年には女性初の防衛相を務めた。