[PR]

 東京電力福島第一原発事故で炉心溶融(メルトダウン)の公表が遅れた問題で、東電福島復興本社の幹部が29日、大熊町会津若松出張所(会津若松市)と双葉町いわき事務所(いわき市)を相次いで訪れ、謝罪した。

 石崎芳行代表は大熊町の渡辺利綱町長から「隠蔽(いんぺい)はあってはならないこと。襟を正してほしい」と要望された。大熊町議会全員協議会にも出席し、事故直後に当時の社長が炉心溶融という言葉を使わないよう社内に指示していたことを認め、「正しい情報が伝わらなかったのは申し訳ないの一言に尽きる」と述べ、頭を下げた。町議からは「トラブルや情報を隠してきた事故前からの体質が変わっていない」と厳しい意見が出た。

 新妻常正副代表は双葉町の伊沢史朗町長と会って謝罪した。今後、石崎代表らは楢葉町や富岡町にも出向いて謝罪する予定という。