写真・図版

  • 写真・図版
[PR]

 国立がん研究センターは29日、2012年に新たにがんと診断された患者数などの推計値を発表した。47都道府県すべてのデータがそろい、地域別の比較が可能になった。がんと診断された人の割合(発症率)は日本海側で高い傾向が示された。

 がん拠点病院などでがんと診断された患者のデータを都道府県から集め、がん研究センターが全国や各都道府県ごとに患者数や発症率などを推計した。

 12年は埼玉、東京、福岡など大都市から初めてデータが提出され、推計の精度が高まった。この年に新たに診断された患者数は86万5238人で、11年と比べて1万4千人増え、過去最多になった。男性が50万3970人、女性は36万1268人だった。

 都道府県別のデータは患者の住…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら