【動画】小学生の列に車 8人けが 岐阜=熊倉隆広撮影
[PR]

 岐阜県海津市海津町馬目(まのめ)の市道で30日午前7時半ごろ、集団登校中の小学生の列に乗用車が突っ込み、児童8人がけがをして病院へ運ばれた。車は一時逃走し、近くの海津市役所駐車場で見つかった。岐阜県警海津署の警官が車内から60代の男の身柄を確保。男は刃物で腹を刺してけがをしており、県警は回復を待って、道路交通法違反(ひき逃げ)と自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致傷)の疑いで逮捕する方針だ。

 海津署や海津市教育委員会によると、けがをしたのは市立高須小学校3~6年生の男子児童2人、女子児童6人の計8人。頭を打つなどし、いずれも軽傷だった。うち2人は脳振盪(しんとう)を起こし、経過観察のため入院したという。

 現場は揖斐川支流の大江川沿いの土手に延びる直線道路。同校は西約800メートル先にある。署は、車が児童10人の縦列後方から突っ込み、はねたとみている。

 県警は発生の約20分後、現場から南西に約150メートル離れた海津市役所北側駐車場で右前部が破損した車を発見。後部座席に60代の男が乗っていたが、警官の呼びかけに応じず、車から出てこなかった。

 このため、警官が助手席側の窓ガラスを割ってドアを開け、男を確保した。男は自殺しようと刃物で腹を刺したとみられ、搬送先の病院で治療を受けている。生命に別条はなく、意識はあるという。