[PR]

 参院選の争点だと安倍晋三首相が口にする経済政策「アベノミクス」。雇用が増えた、格差が広がった、と評価は割れるが、埼玉県熊谷市にある食堂の店主が「うまいか、まずいか、まずは食べてみてよ」と差し出すのが「アベノミックスフライ定食」だ。

 居酒屋を兼ねた店で注文すると、大きなメンチカツ、アジのフライ、コロッケが盛られた皿が登場した。「アベノミクスって言い出したのはうちの方が先のはず」とニヤリとするのは食堂「チュー勇」の主人、阿部勇夫さん(65)だ。

 20年ほど前に現在の場所で店を開いたときからの定番メニューで、最初はミックスフライ定食と呼んでいた。2006年に第1次安倍政権が誕生し、「今が旬だ」と、自身の名前にちなみ「アベノ」を冠した。

 12年12月にスタートした第…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【1/25まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら