[PR]

 自民党東京都連幹事長代行の萩生田光一官房副長官は30日午前の記者会見で、都知事選への立候補を表明した自民党衆院議員の小池百合子・元防衛相について、「豊富な政治経験をお持ちで、候補者としての有資格者であることは否定しない。今後は有力な候補の一人としての対応を考えていくことになるんじゃないか」と述べた。

 萩生田氏は「小池さんは環境大臣、防衛大臣、党の総務会長まで務められた」などと「有資格者」の理由を説明。ただ、小池氏の突然の立候補表明には「戸惑いを受けた。都連に候補者の選定を一任された側にいた人ですから、執行部の方に話をされたほうが順序としてはよろしかったんじゃないか」と指摘した。

こんなニュースも