[PR]

 【松尾慈子】大ヒットして社会現象となったコミックは数あれど、「確実に日本社会を変えた」と言える点で、本作が抜きんでているのではないか。この作品で自閉症のなんたるかを知ったという方は多いだろう。今では大半の人が「自閉症」と言えば、何の説明もなく理解してくれるし、ちょっと詳しい人ならばしつけや育て方のせいではなく、脳の機能の問題だと知ってくれている。そんな社会を作ったのは作者の戸部が綿密な取材を重ねてつむいだこの作品によるところが大きいはずだ。

 主婦向け月刊誌「フォアミセス」(秋田書店)での連載開始が2000年10月。自閉症児を持つ母親の苦悩と喜びを描き、ドラマにもなった大ヒット作「光とともに……自閉症児を抱えて」。2010年の作者逝去により、ネーム状態のままコミックスに掲載され、物語は単行本15巻で完結した。今回紹介させていただく「別巻」は、そのネームに加筆修正して、漫画家・河崎芽衣がペンをいれ、完結させたものだ。

 専業主婦の幸子は、授かった第…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら