[PR]

 熊本地震で深刻な影響を受けている観光業を支援するため、7~9月分の宿泊費などを最大70%割り引く「九州ふっこう割」の予約受け付けが1日、旅行会社11社の予約サイトで始まった。初日から多くのアクセスがあり、ネット分が売り切れるプランも出た。今後、順次、旅行会社の窓口やコンビニでも販売が始まる。

 ふっこう割は、熊本、大分両県が最大70%、ほかの九州5県でも最大50%を宿泊費やツアー料金から割り引く制度。予算の制約があり、商品ごとに上限に達すると販売終了となる。

 楽天トラベルは、最も割引額が大きいプランの9月末までの宿泊予約が福岡、佐賀、大分、熊本の4県で上限に達した。西鉄旅行でも、お盆や3連休を中心に熊本と大分で一部の宿泊施設が予約の上限に達し、受け付けを止めた。エイチ・アイ・エス(HIS)も大分を中心に首都圏からのツアーが人気を集めており、宿だけの予約も福岡と長崎で割引率の高いプランが上限に達した。

 九州ふっこう割の詳しい情報は、特設サイト(http://kyushu-fukkou.jp別ウインドウで開きます)か、各旅行会社まで。