[PR]

 バングラデシュの首都ダッカで1日午後9時(日本時間2日午前0時)ごろ、レストランに武装した男らが侵入し、日本人を含む客ら30人余を人質に立てこもった事件で、バングラデシュ治安当局は2日、同日朝に突入した治安部隊が日本人1人を含む人質13人を救出したと発表した。一方、20人が死亡し、多くは外国人だという。日本人7人の安否がわかっていない。

 救出されたのは、建設コンサルタント会社「アルメックVPI」(東京都新宿区)に所属する40代の男性、渡辺玉興(たまおき)さん。日本人男女8人で食事中のところを襲撃された。

 菅義偉官房長官は2日夜の記者会見で、連絡がとれていない日本人7人の安否については「大変厳しい状況であると認識している」と述べた。一方で、8人以外で巻き込まれた日本人はいないとの見方を示した。

 日本人8人は、いずれもコンサルタント会社に所属し、国際協力機構(JICA)の交通インフラ事業に携わっていたという。コンサル会社は「アルメックVPI」のほか、「オリエンタルコンサルタンツグローバル」(同渋谷区)、「片平エンジニアリング・インターナショナル」(同中央区)。

 JICAの北岡伸一理事長は2日夜に記者会見し、「1人がけがをして病院におり、7人と連絡がついていないということで、大変憂慮して深刻に受け止めている」と話した。JICAによると、発生の1時間後に現地事務所が事件を把握。職員らの無事は確認できたが、その後、コンサルタント会社の社員らで安否が確認できない人がいることが分かった。

 犯人らは1日夜、レストランに侵入すると、「神は偉大なり」とアラビア語で叫んで発砲。外国人らを人質に立てこもった。駆けつけた治安部隊が攻撃を受け、隊員ら2人が死亡した。当局は、夜明けを待って2日午前7時40分ごろ突入した。作戦終了後、立てこもり犯6人を射殺したと発表した。

 ロイター通信がイタリア政府の情報として伝えたところによると、亡くなった20人のうち9人がイタリア人。さらにイタリア人1人の安否がわからないという。バングラデシュ軍の報道官は、「犠牲者の多くは、とがった武器で殺害された」と述べ、刃物で刺された可能性を示唆した。

 事件を巡っては過激派組織「イスラム国」(IS)系メディアが「外国人を含む24人を殺害した」などと伝えたが、バングラデシュ当局や米国務省は「確認できない」としている。(都留悦史、五十嵐誠=ダッカ、塩入彩)