[PR]

 日本政府は2日、木原誠二・外務副大臣と、外務省の職員らでつくる「海外緊急展開チーム」(ERT)を現地に派遣した。被害にあった日本人の保護や安全確保を図るとともに、情報収集を急ぐ考えだ。要望があれば、被害者の家族が現地に向かえるように政府専用機を使うことも検討する。

 日本政府は同日未明、現地の大使館に緊急対策本部を立ち上げ、同日午前には、首相官邸で国家安全保障会議(NSC)を開いて対応を協議。安倍晋三首相は同日予定していた参院選の北海道遊説を中止した。

 首相は同日夜、被害にあった日本人について「バングラデシュの発展のために尽力した皆さんであり、痛恨の極みだ」と記者団に語った。これに先立つ同日午後には、バングラデシュのハシナ首相と電話で会談し「貴国への連帯を表明し、国際社会と連携し、最大限支援する」などと語った。そのうえで、「犠牲者が発生したことは極めて残念だ」と述べ、日本人の安否確認などに万全を期すよう申し入れた。