[PR]

 米北東部バーモント州で1日、全米で初めて遺伝子組み換え作物(GMO)を使った食品の表示義務が始まった。消費者団体などは歓迎するが、連邦議会が州による規制を無効にする法案を検討しており、早くも「課題」に直面している。

 大統領選の予備選で善戦したサンダース上院議員を選出し、リベラルな土地柄で知られる同州は2014年、GMOを使った食品の表示を義務づける法案を成立させた。食品メーカーなどに表示を義務づけ、違反した場合は1製品につき1日最大1千ドル(約10万円)の罰金を科す。GMOの表示義務は日本や欧州で導入されているが、世界最大の「GMO大国」の米国ではなかった。

 GMOを推進する農業団体や食品業界は表示義務に反発してきた。米上院では週明けにも、州によるバラバラな法律を無効にし、全国一律の表示ルールを盛り込んだ法案の採決をする。超党派の法案で、可決されるとの見通しもある。

 ただ、この法案は「妥協案」として、GMOの使用を直接表示する以外にも、QRコードや電話番号などによる表示も認める。消費者は店頭でネットにつないだり電話をかけたりする必要があり、バーモント州の法律より「緩い」内容だ。州議会に駆けつけたサンダース氏は1日、連邦の法案は罰則もないとして、「ひどい法案を廃案にするため、できることはすべてやる」と訴えた。

 業界団体の反対が強かった米国…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら