[PR]

 バングラデシュ治安当局は2日、現場のレストランに突入した治安部隊が人質13人を救出し、一方で20人が死亡したと発表した。軍の幹部は「犠牲者の多くは、突入作戦が始まるずっと前に、とがった武器で殺害されていた」と述べ、凶器として刃物が使われた可能性を示唆した。

 イタリア外務省は同日、イタリア人計9人の死亡を確認したとして氏名を発表した。5人が女性で、男性は4人。現地で働く企業関係者などだった。イタリアメディアによると、事件発生当時、店内では約10人のイタリア人客が二つのテーブルに分かれて座っていた。うち1人は電話のために席を外していて助かったが、1人の行方は確認できていない。イタリア人の料理人1人は厨房(ちゅうぼう)から屋根伝いで外に逃れたという。

 インド外務省は、インド人大学生の死亡を発表。米エモリー大も、学生2人が死亡したとしたが、国籍は分かっていない。

 武装グループは1日夜、レストランに侵入すると、「神は偉大なり」とアラビア語で叫んで発砲。客の外国人らを人質に立てこもった。駆けつけた治安部隊が攻撃を受け、隊員ら2人が死亡。当局側は夜明けを待って事件発生から約10時間後の2日午前7時40分ごろ、現場に突入した。作戦終了後、武装グループの6人を射殺したことを発表した。

 事件を巡っては、過激派組織「イスラム国」(IS)のバングラデシュ支部を名乗り、「22人を殺害した」とする犯行声明が2日夜、インターネット上に出た。(ダッカ=都留悦史、五十嵐誠)

こんなニュースも