[PR]

 気象庁は3日、台風1号が発生したと発表した。台風1号の発生は、統計がある1951年以降で2番目に遅い。最も遅かったのは98年の7月9日だった。

 3日午前9時ごろ、日本の南のカロリン諸島付近の海上で、熱帯低気圧が台風1号に変わった。中心気圧は1002ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートル。

 例年なら遅くとも5月までには台風1号が発生する。気象庁によると、太平洋東部の赤道付近の海面水温が高い状態が続く「エルニーニョ現象」が春に終息したとみられ、終息する年は台風の発生が遅くなる傾向があるという。