[PR]

 バングラデシュ・ダッカで20人の人質が死亡した立てこもり事件で、「高学歴の裕福な家庭の出身」(カーン内相)とされた実行グループのメンバーの素性が明らかになってきた。地元報道によると、名門私立学校の出身者が目立ち、いずれも数カ月前から消息不明になっていた。うち1人の父親が4日、朝日新聞記者の取材に応じた。

 取材に応じたのは、大手外資系企業の現地法人幹部ハヤト・カビールさん(53)。当局が発表した、現場で死亡した実行グループの写真の中に、次男サメフ・ムバシール容疑者(18)の姿があった。

 カビールさんによると、サメフ容疑者は昨年6月まで英語で教える名門私立高校に通っていた。その後は大学を目指して予備校に通っていたが、今年2月29日に運転手が予備校から自宅へ送り届ける途中、「渋滞している」と車を降り、そのまま消息を絶った。

 カビールさんは「家族の前では優しい顔しか見たことがなかった。私はいつも『宗教にのめり込むな』と言ってきたが、事件後、出身校で宗教に熱心なグループと付き合いがあったとも聞いて、驚いている。残念だが、過激主義はどんな家庭にも入ってきうるのかも知れない」と語り、「亡くなった日本の方々に申し訳ない」と何度も謝った。

 複数の地元メディアによると、メンバーの1人は与党アワミ連盟元幹部の20歳の息子とみられる。父親が今年1月、警察に「先月から息子が行方不明になった」と届けていた。別のメンバーはマレーシアの大学に留学していた。この2人とサメフ容疑者は同じ私立高の出身。いずれも数カ月前から消息を絶っており、何者かに勧誘され、準備を重ねていた可能性がある。

 事件を巡っては過激派組織「イ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら