[PR]

 森山裕農林水産相らが一般社団法人「日本養鶏協会」の元会長から現金を受け取っていた問題で、大学教授のグループが5日、政治資金規正法違反(寄付の受領禁止など)の疑いがあるとして東京地検に告発状を送った。

 告発されたのは、森山農水相、西川公也元農水相、宮腰光寛衆院議員、江藤拓衆院議員の4氏と同協会の元会長。告発状によると、4氏は昨年の環太平洋経済連携協定(TPP)交渉に絡んで、元会長からそれぞれ現金20万円を受け取った疑いがある。4氏は、公職の候補者が政治活動に関して寄付を受けることを禁止した同法に抵触する可能性があるとしている。また、元会長についても、4氏に計80万円を寄付した同法違反の疑いがあると主張している。