[PR]

 高原の避暑地にいるように、カラフルなハンモックが涼しい風に揺れている。ところが、ここはビルの中。

 大阪市中央区のハンモックカフェ「リバルティ」が、若い女性を中心に人気となっている。昨秋に開業。SNSや口コミで、「心も体もリラックスできる」と人気が広がった。

 緑のじゅうたんを敷いた店内は、13席のハンモックがつるされている。寝転び型と椅子型があり、ブラジル産の布が体を優しく包む。100~150キロの重さまで耐えられるという。あまりの居心地の良さに8時間滞在したお客さんもいたという。

 裸足でハンモックに寝転ぶ女性は「気軽にキャンプ気分になれる」とご機嫌。友人も「暑さを気にせず、お化粧も崩れなくていいですね」と満足そう。問い合わせは同店06・6210・5929。(遠藤真梨)