[PR]

 リオデジャネイロ五輪セーリング競技のウィンドサーフィン(RSX級)に出場する伊勢田愛(めぐみ)選手(29)が5日、母校の高島市立青柳小学校を訪れ、高学年の児童ら80人を前に「みんなに笑顔を届けられるように頑張る」と抱負を語った。

 児童から「練習はいつどこでどのくらいするんですか」「競技の魅力は何ですか」などと質問されると、「近江白浜水泳場(高島市)で週5日間、午前中2時間、午後2時間練習します」「水面の上をスピードを出して自然の力だけで進める。スカッとして気持ちいい」などと丁寧に答えた。

 花束や5、6年生が寄せ書きした日の丸を贈られた後、「自分がこれと決めたものを、諦めずに思いっきりやってほしい」とメッセージを送った。

 伊勢田選手は2011年、12…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら