[PR]

 形体以外の活動を見る能(あた)わざる者に向って己霊(これい)の光輝を見よと強(し)ゆるは、坊主に髪を結(い)えと逼(せま)るが如く、鮪(まぐろ)に演説をして見ろというが如く、電鉄に脱線を要求するが如く、主人に辞職を勧告する如く、三平に金の事を考えるなというが如きものである。必竟(ひっきょう)無理な注文に過ぎん。しかしながら猫といえども社会的動物である。社会的動物である以上は如何に高く自(みずか)ら標置するとも、或る程度までは社会と調和して行かねばならん。主人や細君や乃至(ないし)御さん、三平連(づれ)が吾輩を吾輩相当に評価してくれんのは残念ながら致し方がないとして、不明の結果皮を剝いで三味線屋に売り飛ばし、肉を刻んで多々良君の膳(ぜん)に上(のぼ)すような無分別をやられては由々しき大事である。吾輩は頭を以て活動すべき天命を受けてこの娑婆(しゃば)に出現したほどの古今来(ここんらい)の猫であれば、非常に大事な身体(からだ)である。千金の子(し)は堂陲(どうすい)に坐せずとの諺(ことわざ)もある事なれば、好んで超邁(ちょうまい)を宗(そう)として、徒(いたず)らにわが身の危険を求むるのは単に自己の災なるのみならず、また大いに天意に背く訳である。猛虎も動物園に入(い)れば糞豚(ふんとん)の隣りに居を占め、鴻雁(こうがん)も鳥屋に生擒(いけど)らるれば雛鶏(すうけい)と俎(まないた)を同(おなじ)ゅうす。庸人(ようじん)と相(あい)互する以上は下(くだ)って庸猫と化せざるべからず。庸猫たらんとすれば鼠を捕らざるべからず。――吾輩はとうとう鼠をとる事に極めた。

 先達中から日本は露西亜(ロシア)と大戦争をしているそうだ。吾輩は日本の猫だから無論日本贔負(びいき)である。出来得べくんば混成猫旅団を組織して露西亜兵を引っ搔いてやりたいと思う位である。かくまでに元気旺盛(おうせい)な吾輩の事であるから鼠の一疋や二疋はとろうとする意志さえあれば、寝ていても訳なく捕れる。昔しある人当時有名な禅師(ぜんじ)に向って、どうしたら悟れましょうと聞いたら、猫が鼠を覘(ねら)うようにさしゃれと答えたそうだ。猫が鼠をとるようにとは、かくさえすれば外ずれっこは御座らぬという意味である。女賢(さかし)ゅうしてという諺はあるが猫賢ゅうして鼠捕り損(そこな)うという格言はまだないはずだ。して見れば如何に賢こい吾輩の如きものでも鼠の捕れんはずはあるまい。とれんはずはあるまいどころか捕り損うはずはあるまい。今まで捕らんのは、捕りたくないからの事さ。春の日はきのうの如く暮れて、折々の風に誘わるる花(はな)吹雪(ふぶき)が台所の腰障子の破れから飛び込んで手桶(ておけ)の中に浮ぶ影が、薄暗き勝手用のランプの光りに白く見える。今夜こそ大手柄をして、うち中驚かしてやろうと決心した吾輩は、あらかじめ戦場を見廻って地形を飲み込んで置く必要がある。戦闘線は勿論余り広かろうはずがない。畳数にしたら四畳敷もあろうか、その一畳を仕切って半分は流し、半分は酒屋八百屋(やおや)の御用を聞く土間(どま)である。へっついは貧乏勝手に似合わぬ立派な者で赤の銅壺(どうこ)がぴかぴかして、後ろは羽目板(はめいた)の間(ま)を二尺遺(のこ)して吾輩の鮑貝(あわびがい)の所在地である。茶の間に近き六尺は膳椀皿小鉢(さらこばち)を入れる戸棚となって狭き台所をいとど狭く仕切って、横に差し出すむき出しの棚とすれすれの高さになっている。その下に摺鉢(すりばち)が仰向けに置かれて、摺鉢の中には小桶の尻が吾輩の方を向いている。大根卸(だいこおろ)し、摺小木(すりこぎ)が並んで懸けてある傍らに火消壺だけが悄然(しょうぜん)と控えている。真黒になった樽木(たるき)の交叉(こうさ)した真中から一本の自在を下ろして、先へは平たい大きな籠(かご)をかける。その籠が時々風に揺れて鷹揚に動いている。この籠は何のために釣(つる)すのか、この家(うち)へ来たてには一向要領を得なかったが、猫の手の届かぬためわざと食物をここへ入れるという事を知ってから、人間の意地の悪い事をしみじみ感じた。

   …

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも