[PR]

 これから作戦計画だ。どこで鼠と戦争するかといえば無論鼠の出る所でなければならぬ。如何にこっちに便宜な地形だからといって一人で待ち構えていてはてんで戦争にならん。是(ここ)においてか鼠の出口を研究する必要が生ずる。どの方面から来るかなと台所の真中に立って四方を見廻わす。何だか東郷(とうごう)大将のような心持がする。下女は先っき湯に行って戻って来ん。小供はとくに寐ている。主人は芋坂の団子を喰って帰って来て相変らず書斎に引き籠(こもっ)ている。細君は――細君は何をしているか知らない。大方居眠りをして山芋の夢でも見ているのだろう。時々門前を人力(じんりき)が通るが、通り過ぎた後(あと)は一段と淋(さび)しい。わが決心といい、わが意気といい台所の光景といい、四辺の寂寞(せきばく)といい、全体の感じが悉(ことごと)く悲壮である。どうしても猫中の東郷大将としか思われない。こういう境界(きょうがい)に入(い)ると物凄(ものすご)い内に一種の愉快を覚えるのは誰しも同じ事であるが、吾輩はこの愉快の底に一大心配が横(よこた)わっているのを発見した。鼠と戦争をするのは覚悟の前だから何疋来ても恐(こわ)くはないが、出てくる方面が明瞭(めいりょう)でないのは不都合である。周密なる観察から得た材料を綜合(そうごう)して見ると鼠賊(そぞく)の逸出するのには三つの行路がある。彼れらがもしどぶ鼠であるならば土管を沿うて流しから、へっついの裏手へ廻るに相違ない。その時は火消壺の影に隠れて、帰り道を絶ってやる。あるいは溝へ湯を抜く漆喰(しっくい)の穴より風呂場を迂回(うかい)して勝手へ不意に飛び出すかも知れない。そうしたら釜(かま)の蓋(ふた)の上に陣取って眼の下に来た時上から飛び下りて一攫(ひとつか)みにする。それからとまたあたりを見廻すと戸棚の戸の右の下隅が半月形に喰い破られて、彼らの出(しゅつ)入(にゅう)に便なるかの疑がある。鼻を付けて臭(か)いで見ると少々鼠臭い。もしここから吶喊(とっかん)して出たら、柱を楯(たて)に遣り過ごして置いて、横合からあっと爪(つめ)をかける。もし天井から来たらと上を仰ぐと真黒な煤(すす)がランプの光で輝やいて、地獄を裏返しに釣るした如くちょっと吾輩の手際では上(のぼ)る事も、下(くだ)る事も出来ん。まさかあんな高い処から落ちてくる事もなかろうからとこの方面だけは警戒を解く事にする。それにしても三方から攻撃される懸念(けねん)がある。一口なら片眼でも退治して見せる。二口ならどうにか、こうにか遣って退(の)ける自信がある。しかし三口となると如何に本能的に鼠を捕るべく予期せらるる吾輩も手の付けようがない。さればといって車屋の黒如きものを助勢に頼んでくるのも吾輩の威厳に関する。どうしたら好かろう。どうしたら好かろうと考えて好い智慧が出ない時は、そんな事は起る気遣(きづかい)はないと決めるのが一番安心を得る近道である。また法のつかない者は起らないと考えたくなるものである。まず世間を見渡して見給え。きのう貰った花嫁も今日死なんとも限らんではないか、しかし聟殿(むこどの)は玉椿(たまつばき)千代も八千代もなど、御目出度(おめでたい)事を並べて心配らしい顔もせんではないか。心配せんのは、心配する価値がないからではない。いくら心配したって法が付かんからである。吾輩の場合でも三面攻撃は必ず起らぬと断言すべき相当の論拠はないのであるが、起らぬとする方が安心を得るに便利である。安心は万物に必要である。吾輩も安心を欲する。よって三面攻撃は起らぬと極める。

   …

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも