[PR]

 7月から愛知県や京都府などの一部の河川の遊漁券を、インターネットの「つりチケ」で購入できるようになった。いつでもどこでも購入できる便利さが売り。若い釣り客を呼び込むのが目的だ。

 「つりチケ」(https://www.tsuritickets.com/別ウインドウで開きます)は水辺の環境改善に取り組んでいる一般社団法人「Clear Water Project」(名古屋市)が運用している。

 対象は名倉川漁協(愛知県)、京都賀茂川漁協(京都府)、保津川漁協(同)、両毛漁協(群馬県)の4漁協の遊漁券。イワナやヤマメ、アマゴなどの渓流魚は9月末ごろまで、アユは10月末ごろまでの釣りの解禁期間内。

 利用者は一度、登録をすれば期間中、いつでも一日券と年間券の遊漁券をクレジットカードなどで購入することができる。購入のため、釣り場近くの商店や漁協の事務所へ行く手間が省ける。

 河川によっては、上空からドロ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら