[PR]

 芸能人のフェイスブック(FB)などに不正にアクセスし、個人情報をのぞき見したとして、不正アクセス禁止法違反の罪に問われた長崎県大村市の会社員金子大地被告(29)の初公判が6日、東京地裁であった。金子被告は「間違いありません」として、起訴内容を認めた。

 金子被告の起訴内容は、2014年8月~15年11月、計238回にわたり、芸能人ら7人のFBやインターネット上のデータ共有サービス「iCloud」(アイクラウド)に不正にアクセスしたというもの。