[PR]

 プロ野球の楽天のオコエ瑠偉(18)が6日、選手寮のある仙台市泉区の区役所で参院選の期日前投票を行った。「正直、最初は『選挙なんて分からねえよ』って思っていたんですけど。結構、新聞やネットも見てから来ましたけど、ちょっと親から話を聞くだけでも、分かるもんだなと。そんなに難しいものではなかった」と感想を語った。

 公示直後から「勉強して行かないと」と関心を示していたが、野球漬けの生活で遠征も多いプロ野球選手。日程調整に悩まされたが、この日にやっと同じ新人の足立祐一(26)とともに区役所に足を運んだ。

 「先陣を切ってやっていけば、投票率も自然と上がると思う」とオコエ。仙台市泉区の曽根隆選挙課長は「彼らが投票することで、新たに選挙権を持った人に関心を持ってもらいたい」と、「オコエ効果」に期待をかけた。

 サッカー界でも、19歳以下日本代表でJ1川崎に所属するMF三好康児(19)や同じ川崎のDF板倉滉(19)が、川崎市麻生区で投票し、10代の有権者に参加を呼びかけた。J1大宮も7日に川田拳登(18)が期日前投票を行う予定だ。

 また、全国高校野球選手権の地方大会では、選挙権を持つ球児に配慮し、投開票日に試合数を減らした地域もある。