[PR]

 自動車メーカーがスポーツカーに力を入れている。市場ではハイブリッド車(HV)や軽自動車が主流で、スポーツカーの販売台数は少ないが、各社は運転の楽しさを広めようとアピールしている。

 若者向けの販売を強化するのは、トヨタ自動車と富士重工業が共同開発した「86(ハチロク)」と「スバルBRZ」(200万円台から)。8月1日に改良して売り出す。

 トヨタによると、2012年の発売以来、若い購入客も増えてはきているが、30代以下はなお4割弱にとどまり、多くは中高年が買っている。全国のサーキットで試乗イベントなどを開き、「興味がないと思っていたけど、乗ってみたらハマってしまう若年の潜在層」(トヨタ)を狙う。

 同価格帯ではマツダのオープン…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら