[PR]

 ひろしま総文の大会マスコットキャラクターは、広島県の木であるモミジのたてがみをもったライオン「もみおん」だ。デザインを公募で決め、その後、名前を募集した。

 デザインは、524点の応募のなかから、広島観音高校3年(応募があった2013年度当時)の加治慈海(いつみ)さんの作品が選ばれた。法被(はっぴ)の胸に県章をあしらい、左手にはお好み焼きのヘラ(コテ)を持たせるなど、文化祭らしさと広島らしさを表現した。たてがみは、たくさんの小さなモミジが集まったもので、美しいグラデーションになっている。夢を持った学生や作品が集い、大きな輝きを放ち、感動を与えることをイメージしたという。

 「もみおん」という名前は、425点の応募のうち、7人が発案したものだ。ライオンとモミジを組み合わせ、多くの人に広島に興味を持ってもらいたいという思いが込められている。(松本紗知)

こんなニュースも