[PR]

 奈良県警警備部の男性巡査部長(32)が帰宅途中に人身事故を起こし、現場から立ち去ったとして、県警は6日、自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致傷)と道路交通法違反(ひき逃げ)の疑いで巡査部長を書類送検し、停職1カ月の懲戒処分にしたと発表した。

 監察課によると、巡査部長は今年4月26日夕、勤務後に乗用車で帰宅途中、同県田原本町の町道で、大学生の女性(18)が運転する2人乗りの原付きバイクを追い越そうとして接触。バイクは転倒し、後ろに乗っていた会社員の女性(18)は座骨骨折など約3カ月の重傷を負ったが、巡査部長はそのまま立ち去った疑いがある。巡査部長は約8分後に現場に戻ったが、調べに対し、「頭が真っ白になって逃げてしまった」と供述しているという。