[PR]

 イルカは超音波だけで数の違いを識別できるのか――。南知多ビーチランド(愛知県美浜町)がこんな研究に取り組んでいる。2枚の板に付けた金属のボルトを使って、数の大小を正確に比較できるかを調べている。その様子を、10日の一般公開で見ることができる。

 同ランドによると、イルカの視力は0・1程度。水中でのコミュニケーションに加え、物の大きさや形、距離などを測るのに超音波を使っている。反響定位という能力だ。

 調査は京都大霊長類研究所との共同研究の一環。今回は推定12歳の雌のハンドウイルカ「ティーラ」で、2月から調べている。

 縦30センチ、横45センチほ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら