[PR]

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長は7日、リオデジャネイロ五輪へ向けた代表選手の壮行会で、選手たちが君が代を歌わなかったことに苦言を呈したことについて、「お願いをしたわけで、文句や注文を言ったわけではない」と述べた。

 3日の壮行会で森会長は、直前の国歌独唱時の選手団の様子を見て、「どうしてみんなそろって国歌を歌わないのでしょうか」「国歌を歌えない選手は日本の代表ではない」と問いかけた。場内ではみんなで声を合わせて歌う「斉唱」ではなく「国歌独唱」とアナウンスされていた。

 森氏は7日、組織委と国内競技団体の会合の冒頭で、発言の真意をただす質問に対し、「事前に受け取った案内には国歌斉唱と書いてあった。当日なぜかそれが独唱になり、疑問に感じていた」などと答えた。

 日本オリンピック委員会(JOC)は代表選手の行動規範で、結団式やメダルセレモニーなど公式行事では脱帽し、姿勢を正し、日の丸を直視して君が代を斉唱するよう定めている。JOCの平岡英介専務理事は「急に独唱に変わった経緯は未確認だが、本来なら斉唱で、司会からご一緒に前奏に続いて(歌おう)という話があってしかるべきだったと思う」と話した。