[PR]

 相模原市は7日、同市中央区東淵野辺、社会福祉法人経営「たけのうち保育園」で園児41人が食中毒症状を訴えたと発表した。

 6月28日午後6時半ごろ、2人の園児の食中毒を市保健所に報告した。

 その後の追加調査で、保育園の給食施設の給食を食べた保育園関係者を含む約240人のうち、1~6歳の園児41人が食中毒症状を訴えたことがわかった。

 6月21日から24日にかけて調理された給食が原因とみられ、患者9人からサルモネラ菌が検出されたという。3人の入院患者のうち2人はすでに退院しているという。

 市保健所は6日からの給食自粛を要請し、7日から3日間、給食施設を使用停止処分にしている。