[PR]

 リオデジャネイロ五輪に出場するアーチェリーの古川高晴(31)=近畿大職員=、川中香緒里(24)=ミキハウス=両選手と、9月のパラリンピックに出る競泳の一ノ瀬メイ選手(19)=近畿大2年=の壮行会が7日、母校の近畿大(東大阪市)であった。

 古川選手は前回ロンドン五輪の個人で銀メダル、川中選手は団体で銅メダルを獲得した。一ノ瀬選手は初のパラリンピックで、200メートル個人メドレーなど8種目に出場する。

 七夕のこの日、3選手は短冊に抱負を書いてささにつるした。川中選手は「全力でくいのない試合をする」と書き、「私の中でオリンピックが一番の行事。精いっぱい力を出せるようにと考えた」。「笑顔で帰国」と書いた一ノ瀬選手は「どんな結果でも自分が満足できていれば笑顔で帰って来られる」と話した。

 古川選手は「何事もなく健康に…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら